漢方は効果なし?インフルエンザに効く風邪薬の種類

インフルエンザを治すことが可能な風邪薬はありませんが、タミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬を早期に服用することでウイルスの増殖を抑えることができるので、インフルエンザを早期に完治させることができます。風邪薬の成分は葛根湯などの漢方成分や解熱鎮痛薬なので、インフルエンザによって発熱した場合には熱を下げることができますが、ウイルスの増殖を抑えることはできないので、風邪薬を服用して熱が下がったとしてもウイルスの増殖は続いています。とくに小児や高齢者の場合には深刻な症状が出る可能性が高いので、風邪薬を服用する前に抗ウイルス薬を服用することが重要で、熱が39度以上になったらすぐに病院を受診してインフルエンザの感染の有無を確認する必要があります。

漢方薬の中にはインフルエンザに有効とされる成分もあるとされていますが、効果が実証されていないので、安全性や副作用などを考慮するとタミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬を服用するほうが大切です。しかしタミフルは耐性ウイルスが発生することがあるので、子どもや高齢者は新しいタイプの抗インフルエンザ薬を投与するほうが良いとされています。インフルエンザはウイルス感染なので抗生物質を投与しても意味がないのですが、解熱鎮痛剤は関節の痛みなどを除去することができるので、体力の低下を防ぐことができます。

解熱鎮痛剤の中にはインフルエンザに感染した場合に服用できないものがあるので、医師や薬剤師の指導にしたがって鎮痛剤を服用しなければなりません。ワクチン接種に関してはタイプが適合すると効果を発揮しますが予想と違うタイプのウイルスが流行すると全く効果がないので、手洗いやうがいなどの予防を十分にしなければなりません。