季節性インフルエンザと新型について

注射器を持つ女性医師

インフルエンザでよく知られる型はA、B、C型などと呼ばれる毎年流行る季節性のインフルエンザと、新しく発生した新型インフルエンザという型があります。季節性インフルエンザは、毎年冬になると流行の兆しを見せます。
その症状は38℃以上の発熱、関節痛、頭痛などで、一般的によくみられるインフルエンザ症状です。この季節性のものは時には、重症化して脳炎や肺炎を起こすほどのものもあります。特に免疫力の弱い子供や老人が感染すると重症化することもあるので注意が必要です。そのために、冬の流行シーズンが来る前に、予防注射を受ける人が増えています。

この予防注射を受けておくと、とても効果があり、もし感染をしたとしても、その症状を軽く抑えることが出来るのです。一方で新しく発生したインフルエンザもあります。これは新しいものなので、免疫を持っている人がおらず、一旦発生をしてしまうと、各地で爆発的に流行をしてしまうという可能性のあるものです。免疫を持っていないということは誰が感染をしても重症化することもあり、時には命に危険が及ぶ場合もあるのです。そのために、インフルエンザが流行し始めると、その方が何であるかを分析することが大切なのです。

症状は季節性のものとほぼ同様で、発熱や関節痛、頭痛などが見られます。詳しいインフルエンザの方というのは、専門のところでないと分析はできません。しかし新型が一旦発見されると、大きなニュースになり、その予防に注意を呼びかける喚起が増えてきます。時期的に冬は注意をしなくてはいけませんが、発熱などがあれば、すぐに病院に行って診断を受けること、そして感染を広げないようにすることが大切なことです。