インフルエンザの予防接種はいつ行くのが良いのか

インフルエンザは、毎年のように流行しますが、その症状としては、高熱が特徴となっていて、場合によっては重症化するケースもあるので、非常に注意が必要です。インフルエンザを予防する策として一般的なものに、予防接種があり、近年では、多くの人が受けるようになっています。予防接種を受けたからといって、絶対にインフルエンザにならないというわけではないのですが、何もしないよりはなりにくかったり、仮にかかってしまったとしても、重症化せず、比較的軽い症状で済むと言われています。特に、抵抗力の低い小さい子供や高齢者が家族にいる場合には、家族みんなが予防接種をしっかりと受けておいたほうが安心と言えます。

例年でみると、インフルエンザウイルスが最も流行するのは、12~2月あたりの、寒さが厳しく乾燥している時期になりっています。
この時期に照準を合わせるとすれば、予防接種の効果というのは、注射してから2~3週間後で出てくるとされているため、逆算して早めに接種を受ける必要があります。

特に注意しなければならないのが、2回接種が必要な小学生以下の子供の場合です。2回打つことを考えると、遅くとも10月下旬から11月初旬までには、1回目の予防接種を済ませておくこと必要があるでしょう。大人の場合でも、流行前までに免疫をつくりたいと考えるならば、10月中頃~下旬までには接種を受けると安心です。ピーク時期に合わせたい場合は、11月上旬~12月前くらいまでに接種を終えると、タイミングが良いかもしれません。大事な事は、予防接種の効果は、注射後すぐではなく、2~3週間たってからで出てくることを忘れないようにする事です。しっかり逆算して、やや早めに接種を受けるほうがおすすめです。