恐ろしいインフルエンザの重症化

高熱を出す女性インフルエンザとはウイルスに感染することを原因として発症する諸症状のことです。感染経路としては飛沫感染、空気感染、接触感染が挙げられます。これは、感染力の強さにこそ差はありますが、季節性のものでも新型と呼ばれるものでも同様です。
感染して発現する諸症状としては、急な高熱、具体的には38度以上の発熱やそれに伴う強い倦怠感や全身悪寒、強い頭痛や下痢、吐き気やおう吐などが挙げられます。
ただしインフルエンザウイルスに感染したからと言って、すべての人に症状が出てくるわけではありません。体力があり免疫力の高い人でしたら、ウイルスに感染したけれど症状は出なかったと言うことも珍しくはありません。インフルエンザの諸症状は、それほど恐ろしいものではありません。1週間程度、安静にしていればほとんどの人は完治します。

ただしごくまれに、それらの諸症状が引き金となって別の重篤な疾患が引き起こされる場合もあり、これがインフルエンザの重症化です。このケースによって引き起こされる疾患としては、肺炎や脳症を挙げることができます。インフルエンザの重症化は誰にでも起こりうることではあります。
しかし実際には、先述した通り、体力や免疫力がある程度、ある人であれば、重症化する前にインフルエンザの諸症状は収束していくのが普通です。

だからこそインフルエンザの重症化率は、特に小児と高齢者においては高い傾向にあります。もう少し具体的に言うと、10歳以下の小児と60歳以上の高齢者と言うことができます。これはやはり小児と高齢者は、体力、免疫力ともに低下していることも多いためです。特に小児においては脳炎が、そして高齢者においては肺炎が、合併症として引き起こされやすいです。合併症を防ぐためには、インフルエンザそのものにかかることを予防する、またはその重症化を防ぐための予防接種を受けておくことなどが求められます。

重症化を防ぐインフルエンザ予防とは

手洗いとうがいを促す女性インフルエンザの予防は、常日頃からの手洗いやうがいが基本ですが、タミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬を予防薬としての服用やワクチンの接種などがあります。しかし、インフルエンザウイルスには、A型、B型、C型の3種類があり、特に感染力が強いA型とB型は更に細分化され、A型に至ってはウイルス表面に存在する抗原性糖タンパク質の組み合わせにより、100種類を超えるウイルスの存在が可能とされています。その為、各ウイルスに適合するワクチンを製造する必要があり、ワクチンの製造にはある程度の期間が必要なので、流行シーズン前に厚生労働省が流行すると予想されるインフルエンザウイルスのワクチンを準備します。

インフルエンザウイルスは、頻繁に連続変異を引き起こし突然不連続変異を引き起こすので、準備されたワクチンが役に立たないケースもあります。又、インフルエンザウイルスの中には、H7N9亜型に分類されるステルスウイルスがあり、このウイルスは高い致死率と大流行のリスクからワクチンの製造が急がれていますが、ウイルス表面の抗原性糖タンパク質が人間のタンパク質に似たタンパク質に変異して、ウイルスをカモフラージュしてしまう為にワクチンの開発が頓挫しています。その為、ウイルスの表面の抗原性糖タンパク質の型に関係無く、ウイルス内部のタンパク質にキラー細胞が直接作用する予防接種ワクチンの開発が日本国内で行われています。

インフルエンザ治療薬のタミフルやリレンザは、ウイルスの表面のノイラミニダーゼの働きを阻害する事で、増殖したウイルスを感染細胞内に閉じ込め、ウイルスの増殖を抑制しますが、頻繁に変異する為にタミフルやリレンザに対しても耐性を有するインフルエンザウイルスが日本国内でも確認されているため注意がます。

予防をすればインフルエンザは怖くない

タミフルはインフルエンザウイルスが増殖するのを抑制し、高熱や喉の痛みなどの症状が出るのを抑える効果があります。予防効果もあり、治療の場合には1日2回服用するところを、1日1回服用することでインフルエンザの予防効果があると言われています。

他に吸入用のインフルエンザ予防と治療の薬もありますが、薬の吸入が難しいため、タミフルの方が扱いやすいという声もあります。処方してもらえるのは10日分になりますので、予防投与の場合には10日間継続して服用します。この場合、予防効果があるのはタミフルを服用している期間だけになります。受験の日など「どうしても休めない」という日まで服用することで予防効果が得られます。